読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ嫁はなまると夫とそれと。~嫁がウツになったった~

嫁はうつ病だと思ってたら双極性障害でした。過去離婚目前だった夫婦が、息子と家族三人で嫁の病気を乗り越えていく。(予定)

「学校に行きたくない」と泣く小学生

息子の事

こんにちは

はなまるです。

 

昨日のエントリーでコメントを頂きました!

とっても嬉しかったです。

いつも読んでくださっている方、スターをくださる方々

皆さんありがとうございます。

励みになります!

 

今日は小学校2年生の息子の話です。

 

 

私たち家族は、今年の8月に東京から夫の生まれ故郷に引っ越しをしました。

都内から電車で2時間弱。

東京生まれ、東京育ちの私や息子からすると若干地域性の違いに戸惑いはありますが、住めば都と言いますし、子供は柔軟性があるのですぐにお友達もできてなじんでくれると思ってました。

 

昨日、前に通ってた小学校の運動会があったので、息子と2人で応援に行ってきました。

息子も懐かしい仲良しのみんなと会えて、とても楽しそう。

連れて来て良かったなと思いました。

 

ですが、その帰り道

 

「ママ、僕、必要とされてるのかな?」

 

急に暗い顔をしていう息子。

 

私たちの不安や、私の病気の心配事など、息子に不安を抱かせてしまってるのではないかとはっとしました。

 

「ママとパパには君が必要で、もちろん、大好きで、ここにいていいんだよ」

 

と抱きしめながら伝えたところ

 

「違うの。新しい学校ね、僕いらないんじゃないかと思って…。学校行きたくないんだ」

 

転校してから今まで、学校楽しいよ。や、友達できたよ。と明るく報告してくれていた息子。

もしかしてそれは努めて明るく振る舞っていただけなのかも…。

 

帰宅して夫も交えて話をしました。

 

どうやら、担任の先生が合わない事と、友達になったと思っていた子に無視されたと思う様なことが度々あった事が原因だと推測できました。

しかし、小学2年生の子供の話の内容をしっかり理解するには言葉のボキャブラリーが少なすぎて難しい。

話の中に『みんな』や『いつも』と言う単語が多くて、何が一番の原因か探るのに時間がかかりました。

 

分かった事は、息子は本当は学校に行きたい。と思ってると言う事。

勿論息子にも至らない点が沢山あると言う事。

そして、前の学校の友達に会って、ナイーブになってしまっている点もあると言う事。

 

私は、どれだけ頑張ってもどうしようもならなくて、つらくて辛くて仕方がないなら行かなくてもいいよ

と言ったのですが、夫は一度休んだら、戻ることが困難になるから無理にでも行かせた方がいいと。

 

夫の言っている事もとても良く理解できます。

一度休んだら戻ることが困難になる事も分かってます。

戻りたくても戻れない辛さは、なんなら私が一番よく分かっています。 

 

ただ、子供にとっては『学校』と言う小さなコミュニティが全てで、もっと言えば『クラス』で起こる事が全てだったりします。

 

子供のころは、隣のクラスの事でさえ、隣町で起こっているような遠くの話に思えていたのは私だけではないはず。

 

今朝、散々「行きたくない」と言い

何とか宥め、送りだしました。

 

大丈夫かなと心配していましたが…

お昼休みに学校から着信が。

急いで折り返しましたが、タイミング悪く担任の先生に繋がらず。

 

放課後まで悶々としている状態。

 

息子は中々のやんちゃで、前の学校からも「喧嘩しましたー」とか、しょっちゅう電話が掛かってきて手を焼いていましたが、「学校行きたくない」とは今ま一度も言った事がないのです。

 

それだけに、息子の心が心配です。

 

早く放課後にならないかしら…。

 

 

今日もお付き合いありがとうございました。