読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ嫁はなまると夫とそれと。~嫁がウツになったった~

嫁はうつ病だと思ってたら双極性障害でした。過去離婚目前だった夫婦が、息子と家族三人で嫁の病気を乗り越えていく。(予定)

結論として、子育てを一人でこなすのは容易ではないという話。

家族の事 薬の事 夫婦のこと 私のこと

こんばんは

はなまるです。

 

新年のご挨拶以来ご無沙汰しております。

それでも足を運んでくださっている方々に感謝です。

 

さて、うつ嫁、未だ入院中です。

 

自宅からはかなり遠い病院ですが、ストレス緩和病棟的なところにおりまして、入院とは名ばかりのとても自由度の高いところです。

 

外出も外泊も手続きを踏めば可能です。

先日の結婚記念日も自宅に戻ってお祝いしました。来年はとうとうスイート10ってやつです。

幸い、病院からは実家や親戚の家が近い場所にあるので、ちょいちょい顔も出しています。

 

入院している意味と言えば、休養、生活習慣の乱れの改善、薬の調整、並びに認知行動療法や病気の勉強会。

 

私は入院して、今の所全てが良い方向に進んでいます。

気分も安定しています。

 

ひとつ変化があったと言えば、入院のちょっと前、うつ病から双極性障害の疑いに診断が変更した事でしょうか。

今は、抗うつ薬を外して、気分安定剤デパケン抗精神病薬エビリファイ、抗てんかん薬のリボトリール睡眠薬レンドルミンになっています。

 

入院前との変更は

デパケン 400→600

ハルシオンレンドルミン

エビリファイ追加

です。

 

そんな現状報告はさて置き、私がこうしてゆっくりさせてもらえているのは、ひとえに夫の協力無くしては成り立ちません。

夫の会社は冬休みと有給に加え冬のバカンスが取れるらしく、併せて1ヶ月のお休みを取らせてもらえました。ありがたや。

2ヶ月目以降は夫の仕事が再開になるので、義母が一緒に住んでくれるそうです。因みに息子の行動とかは入院前に引き継ぎ済み。ありがたや。

 

なので夫は今、専業主夫です。

 

もう一度言います。

 

夫は今、専業主夫です!

 

なんということでしょう。(劇的!風に読んで)

あの夫が、嫁が病気になる前には考えられなかった専業主夫をしているではありませんかーーーー!!!!

 

もうね、これだけで高まるでしょ?

 

しかし夫、家事は私より上手なのですが、育児、ママ友とのお付き合い、大苦戦中らしいです。

毎日ちびっこギャングと化してる息子と喧嘩してるらしい。

 

「お前、よく一人でこなしてたな」

 

って言われました。

 

まぁ、私もこなしてたかこなして無かったかって言ったら、後者に近かったけどね。

ふふん。

 

以前、ワンオペ育児について触れた時にすごい反響を頂いたのですが、やっぱワンオペってキツイよね。

 

勿論、色々な事情でワンオペせざるを得ない方も沢山世の中にはいらっしゃると思うんです。

でも、ケースワーカーさんが言ってました。

 

「例え他人(身内の支援でなくても)でも、必要な支援は受けるべきです」

 

って。行政とかね。

 

私もそう思います。

人って自分の為だけに力を発揮し続けるのも難しいけど、人の為だけに尽くし続けることも難しいと思う。

 

まだ、入院生活終わらないけれど、家に帰ったら2人で一緒に乗り越えていこうと思います。

 

でも、今回の事で夫は育児の大変さを理解してくれたみたいだから、私としてはそれだけでも嬉しい事。

 

↓併せて読んでほしい↓


お付き合いいただきありがとうございました。