読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ嫁はなまると夫とそれと。~嫁がウツになったった~

嫁はうつ病だと思ってたら双極性障害でした。過去離婚目前だった夫婦が、息子と家族三人で嫁の病気を乗り越えていく。(予定)

人生ピンチの時には気付かないけどチャンスが隠れてる。

おはようございます

はなまるです。

 

昨日のメイ子さん(id:hituzidameiko)さんのエントリーを受け、思ったことを書きなぐろうかと思います。

↓メイ子さんのエントリ↓

 

 

人生のピンチは数あれど、私が実感してるのは夫婦仲の事。

 

付き合ってすぐに子供ができた

私たち夫婦は、良い言い方をすれば『おめでた婚』です。

でも、まだ若かった私達には結婚の文字など頭にもなく、ましてや性格も全く違ったので今で尚子供がいなければとっくに別れていたと思います。

夫ともよくそういった話をしたなぁ。

子は鎹とはよく言ったものです。

 

離婚の危機の時、夫が単身赴任に

お互いにもう一緒にいるのが苦痛で仕方なかった時期。

夫が単身赴任になりました。

普通の夫婦なら単身赴任になる事は大変な事態でしょうが、私達にとってそれは距離をとって冷静になれる時間を強制的に設けられるありがたい時期でした。

はじめこそ『夫いねーし!ヒャッホー!』とか思ってたけど、いないといないでさみしいのよね。

次第にお互いのありがたみもなんとなーく分かっていき、月一くらいで会う時はいつも笑顔で入られた気がします。

 

夫戻ってくる

単身赴任から戻ってきた夫。

今度こそ家族3人で仲良くやれるかっつったらそーゆー訳でもなく、ガチの別れ話勃発。

 

私の病気発病

これがね、一番でかかった。

夫も私もガラッと変わってしまって別れ話とかそんなことしてる場合じゃない。

精神疾患で別れる夫婦も確かにいるけど、それは私達夫婦は今も一緒にいます。

 

私の入院

でもね、元気になってくると私も無理しちゃうし、夫も仕事で疲れて帰ってくるし、やっぱり甲斐甲斐しくお世話しちゃう私。

夫は夫でお休みの日には私を気にして休めない。

そんなことが続いてたので現在入院してます。

私は私で夫の偉大さを感じ、また夫は家事の休みのなさを知り、一時帰宅時なんかは一緒にやってくれます。

 

今までここに出してない小さなピンチは沢山ありましたが、なんやかんや一緒にチャンスが巡ってきていたのだなと思います。

 

知らないうちにピンチを乗り越えてきてたのもあるかもしれない。

 

『過去があるから今がある、今がベターなのかもしれない』

 

メイ子さんの言葉がとても染み渡りました。

 

 

そんな朝、本日もよろしくお願い致します。